iPhoneの人気モデルの特長を紹介します。

Androidの台頭

日本では、圧倒的にiPhoneのシェア率が高いのですが、世界的に見てみると、iPhoneのシェア率は3位となっており、4位に陥落するのも時間の問題と言われております。そうなった背景を調べてみると、Android系のスマートフォンのクオリティの向上であったり、iPhoneが欲しくても金銭的な余裕がないために、Androidで我慢しているといった価格的な問題などがありました。

日本人にとってAndroid系のスマートフォンは、トラブルの象徴のようなイメージがあるかもしれません。韓国のサムスン電子が発売したGalaxy Note7は、バッテリーの欠陥によりスマートフォンが発火するトラブルがありました。サムスン電子は、バッテリーを他のメーカーの物に変更し再販したが、そのバッテリーでも不具合が生じ、発火問題が起こりました。そのため、日本人にとってAndroid系のスマートフォンはトラブルの象徴のような印象があるのかもしれません。

しかし、それから時が経ち、現在のAndroid系のスマートフォンは、安全面も改良されておりますし、スペックもiPhoneをしのぐほどにまで成長しております。コストパフォーマンスを考えるとAndroidが優れているという事もあり、徐々にAndroid系のスマートフォンを所有する方が増えて来ているのです。