iPhoneの人気モデルの特長を紹介します。

iPhone全盛期

日本にいると気が付かないかも知れませんが、世界ではiPhoneの人気が低迷してきております。そのためiPhoneの全盛期はとうに終わったという方も少なくありません。iPhoneの全盛期は、iPhone 6、iPhone 7、iPhone 8の三つのモデルが発売された2014年から2017年だと言われております。特にiPhone 8は、非常に優れたスペックを有していたこともあって、その後に発売されたiPhoneXやiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11などが発売されたとしても、頑なにiPhone 8を使い続けていた方も沢山いました。

iPhoneが低迷してしまった理由として大きかったのが、iPhoneがiPhone 8が発売された時点でバッテリーの持ちであったり、搭載されていたチップが十分な物となっていたために、わざわざ新しいモデルを購入する意味が少なくなってしまっていたことや、iPhoneが急速に高級路線に舵を切ったことが、既存ユーザーを置き去りにしてしまった事、そして、Android系のスマートフォンがiPhoneと同等レベルにまで進化したことなどが挙げられます。