iPhoneの人気モデルの特長を紹介します。

初期のiPhone

iPhoneの初期モデルは、今から振り返ると本当にひどい物でした。もちろん当時は最新のスペックであったのは事実ですし、革新的な技術が搭載されたモデルであったのは事実です。しかし、当時のiPhoneが、ここまで日本人のライフスタイルを一新するとは考えることはできなかったのではないでしょうか?

iPhoneの初代モデルは、2Gだったために回線速度が遅かったり、App Storeがありませんでした。そもそも通信規格のせいで日本では未発売だったモデルです。日本で初めて発売されたiPhoneはiPhone 3Gです。このiPhone 3Gは、回線機能が3Gになり従来よりも快適なWebサイトの閲覧が可能となったり、App Storeが追加されてより快適になりました。しかし、App Storeにあるアプリの数も少なかったり、iPhone自体のスペックが低かったために、現在のような便利な使い方はできませんでした。

現在のiPhoneにグッと近付いたのがiPhone 3Gの翌年に発売されたiPhone 3GSです。iPhone 3GSは、ビデオ撮影ができるようになったり、音声コントロール機能が追加されました。まるで漫画の世界にあったような未来の携帯電話のような印象がありました。その後に発売されたiPhone 4は、多くの日本人が手に取るようになり、iPhoneが日本人の生活に溶け込んでいきました。